【学校や仕事で使える】緊張をほぐす方法

職場や学校を働く上で、

  • 緊張してうまく話すことができない。
  • 人前に立つのが苦手。

と悩んでいませんか。

実は、そんな悩みをできる限り解決できる方法があります。

なぜなら、緊張するには原因があるからです。

この記事では、「緊張するための原因」と「緊張しないためにはどんなことをしたらよいか」を知ることができます。

この記事を読むと、緊張をできる限りなくすようなことを知ることができます。

※この記事は以下のサイトを引用させていただきます。スマートカイタクLab(https://media.smartkaitaku.com/

緊張の原因とは

  • 人前に出る経験があまりない
  • 失敗やトラウマがある
  • 不安やプレッシャーを感じやすい
  • 単に準備不足や練習不足
  • 生来の性格

以上のような原因が挙げられます。

もともと恥ずかしがり屋の人は人前に出る経験を避けるので、場面に慣れないので余計に緊張します。

失敗を経験した人はそれがトラウマとなって、プレッシャーを感じてしまう場面もあると思います。

  • 恥ずかしがり屋
  • 自信がない
  • ネガティブ思考
  • 完璧主義者
  • 承認欲求が強い

以上に当てはまる人は、周囲の期待を強く感じてしまい、余計に緊張する原因となってしまいます。

緊張をほぐすためには

  • 人前に出る経験があまりない→経験を積む
  • 失敗やトラウマがある→誰もが失敗すると考える
  • 不安やプレッシャーを感じやすい→リラックスできる方法を見つける
  • 単に準備不足や練習不足→とことん準備や練習をする
  • 生来の性格→考え方をポジティブに変換する

以上のような方は考え方を変えてみましょう。

考え方を変えることによって、緊張の原因を転換することができます。

緊張は誰でもすることでありますので、安心してください。

緊張しにくくなる方法

さまざまな経験を積む

経験を積むのが大切と分かっても「緊張したくないから」と逃げます。ただ、そのままではまったく成長しないでしょう。厳しい言い方ですが、人間には適度なストレスも必要です。

とはいえ、いきなり大きなストレスを感じれば逆効果でしょう。少しでも「怖いけどやってみよう」と思いながら挑戦したいですよね。それにはまず、自分が取り組みやすい経験から積んでいきます。

「緊張してます」と宣言する

失敗やトラウマがある場合、なかなか前進できません。その場合「失敗は大いにOK!」「みんな多かれ少なかれ失敗してる!」と思うようにしましょう。実際は言わないだけで、ほかの方々も結構失敗しています。

広告

失敗やトラウマを隠そうとすれば、余計に「失敗やトラウマ」に対するこだわりが強くなります。悪循環ですね。かえって失敗やトラウマを表に出すくらいでないと解決できません。

「実は…」と開示したら意外とホッとした経験はありませんか。緊張が解けて涙が出てしまうこともあるでしょう。そのように「緊張」というのは言葉の通り、張り詰めた心の状態を表しています。それをほどくのは自分でしかできないのです。

自分に暗示をかける 

飲みものや食べもの・動作やしぐさ・音楽・アイテムなどを使って、自分に暗示をかけるのも効果があります。一種の「おまじない」です。マイナスに偏りがちな自分の思考をプラスに変換する役割をはたすでしょう。

ルーティンにするといいです。緊張するときはいつも「コーヒーをカフェオレにする」「アロマの香りのハンドクリームを塗る」などです。ルーティンにすると脳は心地よさを感じます。

とにかく準備や練習をする

これは現実的というか、基本中の基本でしょう。準備段階から緊張してしまう場合、同僚や仲間と一緒にやるのをおすすめします。練習も独りでこなすよりチーム一丸でやれば、当日の緊張感を和らげるでしょう。

「リハーサルをしたらボロボロ…これじゃだめだ」と余計に緊張してしまうかもしれません。しかし止めてしまえば、本番はもっとダメになります。困ってしまったら誰かに相談しましょう。「正直、やれる気がしない」と言っても構いません。

話せば気持ちがほぐれます。上司や同僚、仲間や家族、誰でもいいので話しましょう。直接かかわっていない人も、状況を察して言葉をかけてくれます。

「一緒にやってみよう」「その場にいられなくても応援してるよ」という言葉をもらえれば勇気も湧きます。すべてでなくても、ある程度の緊張感は収まるでしょう。ぜひ心がけてみてください。

緊張場面での対処法

さて、実際の本番。緊張感がさらにマックスになります。どうにかしないとその場から逃げ出したくなるかもしれません。平静を装って暗示をかけても震えが止まらない…。この場合どうしたらいいでしょうか。

このときはシンプルに「目的」に集中しましょう。うまくやりたい・恥をかきたくない・失敗したくない思いが交錯すると、本来の目的が分からなり余計に緊張してしまいます。

「1位になりたいなら1位になると念じる」「聞き手に商品のよさをアピールしたいならそれに集中する」「とにかく最後までやり抜きたいならそれをめざす」と目的を明確にします。

途中言葉が出てこなくなったら「ごめんなさい、ちょっと水を飲ませてください」と一杯。そこで「ちょっと緊張してます。でも、開き直りました!それではいきます」と公言してもいいのでは。親近感を持ってもらえるでしょう。

チームで準備・練習を重ねたのならその仲間、その場にいなくても応援している家族や友人を思い出します。事後に待ってる食事会で何を飲むか食べるか、それをめざしてもいいのです。

アスリートが本番前にやるルーティンのように、自分が落ちつく・気分が良くなる・やる気スイッチが入れば、緊張もほぐれます。ぜひ自分なりの方法を探してみましょう。

まとめ

今回の記事は「スマートカイタクLabさん(https://media.smartkaitaku.com/)」の記事を参考にさせていただきました。

誰しもが緊張の中で過ごしているのと思います。

少しでも、自分が生きやすいようにするため、過ごして行けたら良いと思います。

たまゆた
たまゆた

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA