猫を飼うと幸せになれるわけとは?(メリット尽くし)

こんにちは。「たまゆた」です。

世の中には、

「犬派」

「猫派」

など、色々とあります。

今回は、猫に絞った話をしていこうと思います。

猫を飼おうとしている方必見です。

科学的にも認められている

その効果は科学的にも認められ、セラピーにも利用されています。

またあのゴロゴロ音には、ストレスを和らげ、骨折の治りを早める効果があるという研究結果が出ています。

そんな猫のゴロゴロ音を利用した「ゴロゴロセラピー」の効果や、猫を飼っていなくても幸せを感じる方法について説明していきます。

猫と幸せホルモンの関係性

近年、猫の飼育数が犬を上回り「猫ブーム」がきています。

背景にはコロナの影響でおうち時間が増え、散歩などの必要がなく体力的にも飼育が可能なことがあげられます。

ペット保険の会社が行った調査では、

猫を飼い始めて99%の人が「幸せを感じた」と回答しています。

猫との暮らしは幸せを感じるだけでなく、科学的根拠もあります。

猫を抱っこしたりスキンシップをとることで、オキシトシンが分泌されるのです。また人間だけでなく、触れられている猫にもオキシトシンが分泌されています。

オキシトシンは、気持ちを落ち着かせるセロトニン、幸せな気持ちになるドーパミンなどの神経伝達物質の分泌を促進してくれます。

広告

オキシトシンは幸せホルモンともいわれています。

このオキシトシンにはストレス軽減の効果があることも知られています。

猫のゴロゴロ音にも効果あり

猫のゴロゴロ音の周波数は25Hzの低周波です。25~150Hzの低周波は、セロトニンを分泌させる効果があります。

そのため猫のゴロゴロ音には、

不眠やストレス、不安感を癒し自然治癒力を上げる効果があるのです。

猫のASMRもあるみたいなので是非検索してみてください。

ゴロゴロセラピーという言葉もある!?

猫のゴロゴロ音はストレスを緩和し、人の血圧を下げるために効果的です。

他にも猫のお世話をすることで、「自分にもできることがある」という自己肯定感や自信にもつながります。

自分が何かを世話する、自分から何かを与えることで自分自身が癒されるという状態を「逆セラピー」と言います。

このことからうつ病の治療にも効果的とされています。

低音のゴロゴロ音はとても癒されますね。

ゴロゴロセラピーにおすすめの人
  • なんとなく疲れている。
  • ため息がでる。
  • なかなか眠れない。
  • イライラしている。
  • 猫に癒されたい。

猫を飼うことをためらっている方は「ミャウエバー」というものもあります。

「ミャウエバー」は触ると温かく、ゴロゴロとのどを鳴らす音や振動をリアルに感じられます。

猫を飼いたいけど、どうしても飼うことができない方にはぜひ試してほしいです。

「ミャウエバー」もゴロゴロ音の効果が科学的に立証されており、本物の猫に近い癒し効果が確認されています。

私も愛用しています。

まとめ

猫の良さについてまとめてみました。

猫を飼うことによってのメリットも多く、私に子どもができたら、猫を飼おうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA