投資の思い込み3選 「投資は怖い 投資は良くない 貯金は正義」

こんにちは!「たまゆた」です。

現在、25歳で投資を行なっています。投資についての理解を深め、投資経験のない人に投資の良さを知ってほしいです。

この記事の結論

貯金だけではインフレに弱い。

投資はお金持ちだけの嗜みではない。

投資には不労所得というお金がお金を生み出す仕組みがある。

思い込みは捨てよう。

短期では考えず、長期で考えて投資をしよう。

貯金は「安全」「安心」「真面目」といったポジティブなイメージを持っていたり、投資は「ハイリスク」「怖い」といったネガティブなイメージを持っている人が多いと思います。

貯金や投資について詳しく勉強してそのようなことを言っていますか?日本人は安全を求めているので、投資経験のない人はネガティブなことを言い、避けているように感じます。

その中でも、少しでもその意識をQ &Aを通して少しでも変わってほしいと思います。

ロボアドバイザーを使った「ウェルスナビ(WealthNavi)」というものもあります。

ほったらかし投資でまずは、そちらから試してみるのも良いですね。

ウェルスナビ(WealthNavi)のメリット・デメリット【体験談】

貯金さえすれば安心・安全でしょ?

貯金さえすれば安心・安全でしょ?
貯金だけでは1000万円まで元本保証です。
しかし、リスクもあります。

投資をせずに、貯金しかしていない時に起こるリスクといえば、物価が上昇(インフレーション)になる時です。貯金の額は変わっていないのにも関わらず、お金の価値が減ってしまいます。

広告

例えば、100円で買える缶コーヒーがありました。そのコーヒーの物価が上がり、200円になったとします。同じコーヒーを買うのに2倍の料金が必要になるので、お金の価値は半分になったことになります。ものの値段が上がると、お金の価値が下がってしまいます。

インフレーションになると、、、

  • 賃金が上がる。
  • 株価が上がる。
  • 不動産が値上がりする。
  • 現金や貯金の金額は変わらないので資産価値は減る

インフレーションに強い投資商品は、株式や不動産となっています。物価が上がれば、企業の収益も不動産の価値も上がるので、投資にはインフレーションのリスクを軽減できることもできます。

米国(FRB)では、2012年1月から毎年インフレ率を2.0%を導入しています。

日本銀行は2012年2月に「中期的な物価安定のめどとして1%をめざす」としています。

投資はお金持ちじゃないとできない

投資はお金持ちじゃないとできないの?
そんなことはありません。1000円等少額から投資をすることができます。

投資信託やETF(上場投資信託)などは1000円ほどから買えます。投資額が小さいほどリターンは小さくなりますが、リスクは抑えて投資ができます。

日本株は100株単位で投資を行なっています。東京ディズニーランドを経営している「オリエンタルランド」の株価は現在1株17,670円です。それなので1,767,000円必要になっています。初心者には厳しいですね。

現在はミニ株・S株といった1株からでも買えるものもあります。

投資で稼ぐのは無理でしょ。お金は働いて稼ぐのが安定だ

投資で稼ぐのは無理でしょ。お金は働いて稼ぐのが安定だ。
投資をすることによって、お金がお金を生む。お金に働いてもらうという感覚を掴むことができる。

「お金がお金を生む」「お金に働いてもらう」という仕組みのことを「不労所得」と言います。具体的にいうと、株式配当収入、利子所得、不動産の家賃収入などです。

働いて稼ぐ収入では、もし自分が病気やケガなどで働けなくなった時とても困ります。保険を使うという手もありますが、「不労所得」があるととても安心できます。将来、年を取って働けなくなってしまった時にも安心して老後を過ごせることができます。

まとめ 思い込みは捨てましょう

思い込みを捨てて、公平な視点で投資をしましょう。

投資については誤解が多くあります。「投資をすれば必ず資産が増える」ということはありませんが、この先がどうなるか分からない時代だからこそ、未来の事を考えながらコツコツと投資をしていくことが大切だと考えます。

投資をしていない理由が思い込みであるならば、長期で見て利益を出すのなら積立NISAを初めてみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA