花粉症 2022年はいつから? 対策方法は?

こんにちは「たまゆた」です!

誰もは1度は聞いたことのある「花粉症」。春や秋になると誰しもが苦手となる季節です。

2022年はどうなのでしょうか。

飛散時期は?

気になる2022年の花粉飛散時期は?

2022年は2月12日から2月16日ごろと予想されている。

(例年は2月16日ごろから飛散されるとされているので例年よりも少し早くなっている。)

2022年1月19日に花粉症対策検討委員会を開催し、2022年の春のスギ・ヒノキ花粉に関する飛散予測を検討した結果2月12日から2月16日ごろと予想が出されました。

たまゆた
たまゆた

いつもより早く花粉が飛ぶんだね。

いつも以上の早い対策が必要だね。

花粉の飛散数

花粉の数は例年と比べてどうなの?

花粉の飛散数は例年と比べて、昨年の1.5倍になると言われています。

たまゆた
たまゆた

なんでそんなことがわかるの?

2021年の6月から7月の日照時間に大きく影響を受けるようです。

2021年6月の日照時間は平年よりもやや多く、

2021年7月はほぼ全国的に多くなりました。

特に関東から東海にかけては平年よりも100時間ほど日照時間が多かったため、平年や昨年よりも数が多いと言われているのです。

お金をかけなくとも対策をしたい!

花粉を体に付着させない工夫

衣服の材質に意識をして過ごしてみましょう。

花粉が付着しにくいのは「ナイロン」などの表面がツルツルとしたものが特徴です。

また、今では必須となっている「マスク」や「メガネ」、「帽子」などを着用すると花粉の付着を防ぐことができます。

花粉を自宅内に持ち込まない工夫

玄関に入る前に、体や衣服を払うことで、侵入を防ぐことができ、部屋の中では快適に過ごすことができます。

帰ってきてからの喉の奥の花粉を取り除く「うがい」や

顔についた花粉を落とす「洗顔」が有効です。

ストレスを溜め込まない工夫

広告

花粉症の方は、外出するだけでもストレスを感じてしまいます。

ストレスが溜まるとそれだけで、本来備わっている免疫機能が低下してしまいます。

食事や睡眠をしっかりととり、ストレスを減らすように心がけましょう。

気持ちの持ちようが変わるだけで、心の中から改善することもあります。

お金をかけるのなら…

薬に頼ろう。

たまゆたはやっぱり「アレグラ」です。

アレグラを使うことによって負担がとても軽減しました。

自分は花粉の時期を乗り越えるためにも購入をし続けています。

  1. 1日2回で24時間しっかり効く。
  2. 眠くなりにくい。
  3. 集中力が低下しにくい。
  4. 口が乾きにくい。
  5. 空腹時にも飲める。

5つの強みがあり、

とてもお世話になっています。Amazonではセール中だったので、2箱購入しました。

空気清浄機を買う。

部屋の空気をきれいにするために私は空気清浄機も買いました。

値段は多少張りますが、家に帰ってきた時の安心感が違います。

買ってよかったと思えるものでした。家電はやっぱり「SHARP」ですね。

まとめ

以上のようなものを使って辛い花粉症の時期を乗り越えていきましょう。

コロナが収束したら、マスクがなくなる時代も来るので、「レーザー治療」や「舌下免疫療法」も気になっているのでやってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA