【タンス預金】日本に眠っているタンス預金の金額はいくら?

こんにちは!「たまゆた」です。

日本に住んでいる限り、貯金が正義と思われています。

なくなる心配もほとんどない。相続対策もできる。マイナンバーで国から所有している額を知られることもない。

そんなタンス預金は日本にいくらあるのでしょうか。

   ここから見たいところへ飛べます

タンス預金の総額は?

タンス預金の金額は、

なんと

101兆円

と言われています。

日本のタンスを全て集めて、お金を集めたらこのくらいの金額になるそうです。

驚きですね。

たまゆた
たまゆた

こんなに日本人はお金を手元に持っているんだね!

今は、老後2000万円問題もあるので、貯蓄をしている家庭が多いみたいですね。

タンス預金のメリット

タンス預金には相続税対策だと言われています。

広告

自分の親族(父、母、祖父、祖母等)が亡くなったとします。

そこで、貯金を遺産相続するのですが、

それを親族(自分等)がもらうとなると、その貯金にもある一定の金額が超えると、

「相続税」という税金がかかり、納税の義務を負います。

お金持ちには相続税がかからない国(マレーシアやシンガポール)に移住することがあります。

中には、へそくり等で隠している方もいます。

ご自分の両親も隠れてタンス預金をしてるのではありませんか?

まとめ

タンス預金にもメリットはあります。

ただ、そのお金を貯めておくだけでは、今後の生活のために増えていくことはありません。

私は、タンス預金をするのなら、少額でも良いので、「積立NISA」などで、お金に働かせるべきだと考えます。

やはり、日本人は安定志向を重視します。

そんな中で、お金に働かせてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA